ドラム式灰クーラー

簡単な説明:


製品の詳細

商品のタグ

ドラム式アッシュクーラー

1.一般的な紹介

ドラム型灰冷却器は、通常、熱交換器のものとは異なっているバルク材料、構造及び熱交換プロセスを冷却するために用いられるドラム型熱交換器です。 ドラム型灰冷却器、熱輻射、伝導、および対流などの熱伝達の3つの方法は、同じ時間で作業している、一次冷却媒体は水であり、二次空気です。 これは、大容量CFBボイラの要件を満たすように設計された高効率灰冷却装置、です。 ドラム灰冷却器は、具体的にはCFBボイラの熱い灰の冷却のために使用される水システム及び電子制御装置を、冷却ドラム、灰充填装置、灰排出装置、駆動装置、送信装置から成り

2.主要構造

ドラム灰冷却水システム及び電子制御装置を冷却し、ドラム、回転系、駆動系、灰落下デバイス、灰排出装置から成ります。 次のようにメインの構造と機能は以下のとおりです。

ドラム:それは内側ドラムと外側ドラムによって構成され、ロータリージョイントと水戻り管と一緒に囲まれた水の空洞を形成します。 内側ドラムの内壁は、熱伝導、対流および放射によって循環する冷却水にスラグの熱を伝達することができる螺旋配置スクリュー羽根とブレードの長手方向で溶接されています。

ドラムは、ドラム灰冷却器の主要な作用部位であり、灰冷却器は、ドラムの構造に係るGTL系単ドラム灰冷却器とGTLSシリーズ多管スクリーニングドラム灰冷却器に分割することができます。

システムを回転させる:それは、リングを車輪支持を支援し、キャッチホイールで構成されています。 支持リングは、4つの支持ホイール上で回転ドラムをプッシュする駆動機構によって駆動され、ドラムの外側に設置されています。 ドラムの高さは、支持車輪を調整することにより設定することができます。 キャッチホイールは、ドラムの軸方向変位を制限することができます。

灰は、装置の立ち下​​がり:それはマンホール、伸縮継手、灰落下管、アッシュタンク、灰封止装置で構成されています。 ボイラー底灰は灰充填管を介して灰冷却器のドラムの中に落ちます。 灰タンクが負圧シールポートを持っています。 灰の密封装置は、アンチスピン作用によって漏れる灰を防ぐことができます。

灰排出装置:それはカバーと灰出口を封止灰出口で構成され、負圧の空気ポートと灰排出口でインストールされています。 シールカバーは、メンテナンスのために便利な2つの取り外し可能部分(上部と下部)、から構成されています。

水冷却システム:それは、ドラム水パイプ、金属ホースを返すように回転ジョイント、水道管で構成されています。 このシステムは、灰から吸収した熱を離れて持って来ることができます。 回転ジョイントは、入口水を分配と同様にメンテナンスのための便利で安全であり、出口端部に均一に水を戻します。 回転ジョイントは、安全圧力計などのアクセサリー、RTD、安全弁を備えています。 これらの付属品は、作品の要件に応じて、冷却水配管にインストールすることができます。

電気制御装置:これは主クーラ灰に電力及び制御信号を供給することができる電気制御キャビネットと関連する制御機器を指します。 これは、リモートコントロールを実現するために、リモート信号を送信することができます。

3.      主な技術パラメータ

灰冷却器のモデルは、GTL(S)D - でDは、ドラム700ミリメートル、800ミリメートル、千ミリメートル、1200ミリメートル、1500ミリメートル、1800ミリメートルなどの直径(mm)で、2000ミリを表し、その中でN×L(左または右)。 N容量(T / H)を表します。 Lは、入口および出口(MM)との間の距離を表します。 別の設置位置によると、灰のクーラーが灰にクーラーアウトレットに直面して、左のタイプ、右のタイプに分類することができ、それがあれば、左のモーター左型で、右側のモーター場合は右のタイプです。 灰冷却器の長さは、通常、容量、灰温度、及び入口と出口との間の定格距離と関連している、固定されていません。 80トン/ H - 灰冷却器の出力は0です。 150℃ - と冷却温度は80です

 4.      インストール手順

次いで灰冷却器スタンドの四隅のために地面に埋め込まれた鉄を配置し、6000Paよりも高い支持力(アンカーボルトを必要としない)を用いて平坦な地面上の灰冷却器を配置し、且つに埋め込まれた鉄に配置鉄を溶接灰クーラーが正しい場所に設定されているときに移動するのを防ぎます

基礎が地面より高い場合は、地面にC30よりも強度が縦2つのまたは4つの横方向の無筋コンクリートストリップ基礎を注ぎます。 左型および右型灰冷却器は、互いに隣接して配置されている場合、便利なメンテナンスや修理のために、駆動モータは、外側に配置されるべきであり、左側の左型灰冷却器、および右を置くことを意味します右側に入力します。

GTLシリーズシングルドラム灰クーラー

利点:

最大で80トン/ hに達することができる1)大きな出力、

低コストでメンテナンスのための点検のために便利で簡単です2)大規模な内部空間、。


  • 前:
  • 次へ:

  •